無痛診療システム

注射針を全く使わない無痛診療システム

無痛診療を行うすべての歯医者さんが、注射針を使うのを前提にしていますが、これは静脈鎮静を行うにしろ、筋肉注射をするにしろですが、注射をすると分かった時点で、どれだけ「痛くないから」と言われても、針に対して恐怖がある人には同じだと思うのです。
もちろん表面麻酔をした後に1番細い針で注射をする方法も受け入れられないと思います。その恐怖は歯医者さんが「痛くないから大丈夫ですよ」と言えば言うほど増すような種類のものなので、もしそれでも無理矢理行う場合には、かなり危険な状態になると思います。
つまり心理的なアプローチを取らない限りは決して安全な治療はできないわけで、どんな方法をとっても、注射針を使う方法では針に対して恐怖心を持つ方の治療を安全に行うのは難しいといえます。

それでは、ホームページを見て注射針を使うと分かった時点で恐怖心や不安な心がおさまらずにとてもじゃないけど歯医者さんに行く気にならないと思うのです。

TOPへ戻る